総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事じゃらんnet

ひょう害車はお勧めか?

中古車選びのコツ
ひょう害車はお勧めか?

中古車選びで避けてしまう車が災害車と事故車です。
価格は安いけれど、不安要素がたくさんあるせいか、多くの人が購入を避けています。

ただ災害車の中でも、ひょう害車は比較的お勧めの車といわれています。

ひょう害車は修理された状態で、販売店では販売がされていますが、よく見ると小さな凹みがあります。
屋根に凹みができ修理をした場合は事故車扱いになります。
事故車にはなりますが、買っても問題のない事故車といわれています。
他の事故車や災害車に比べると、エンジンなどの内部の修理を必要としておらず、表面に傷がついているだけで、機能的には何の問題もないものがほとんどなのです。

中古車選びで価格を重視される方も多いはずです。
ひょう害車のメリットは完全に凹みが直らないため、価格もかなり安くなる点です。
2割程度の減額で、車種によっては数十万安くなる場合があるのです。
機能が劣らないで、中古車が安く手に入るのは魅力的です。

凹みの度合いは実際に見て確認するのがよいでしょう。
言われないとわからないものもあれば、自分で見つける事ができるものもあります。
どちらにしてもほとんど気にならない程度のものばかりです。
多少の傷が気にならない人にとってはお勧めの事故車になります。

ひょう害車を乗り換えで売る場合は安く購入した分、高く売れることはありません。あくまでも事故車扱いになるので仕方ありません。
しかしずっと乗り続けるのであれば、お買い得な車です。つまり頻繁に新型車が発売されていることになります。

モデルチェンジした車はもちろん性能も優れ、たくさんの機能がついています。
しかし、日常の運転に支障が出るほどの差はありません。
モデルチェンジをすると古い型が中古車として市場に出回ります。

中古車選びはモデルチェンジが行われたが一番お得といわれています
例え、中古車であっても、型落ちの影響はほとんど気になりません。
路上で走っている車のほとんどが新型車ではなくモデルチェンジ前のものが多いため、安く人気の型を手に入れることができます。
モデルチェンジが行われれば、もちろん価格も変わってきます。大きく値下げされるのです。
多きものでは10万近く値が下がります。すぐに下がるわけではありませんが、モデルチェンジ後3ヵ月もすれば安くなります。
古い型は今後需要も減ってくるため、販売店としても売れるうちに売っておきたいというのが本音です。
それゆえ、新型車がでると安くなるのです。

100万円を切る車であればさほど安くなった気はしないかもしれないですが、200万を超える中古車であればモデルチェンジ後の価格はかなり魅力的なものになります。
中古車選びの一つの方法としてモデルチェンジを待つというのはいい手段だと思います。

自分の欲しい車が近々モデルチェンジをするのであれば、もう少し待ってみるのがよいでしょう。
いい品質で安く手に入る可能性が高いです。

posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 中古車選びのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
  
ランクル2-200090217.jpg
世界最高SUV。ランクルに乗ろう!
landcruiser-style

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。