総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事じゃらんnet

防犯意識

   JANet
車の防犯対策
防犯意識
見落とさないで!大損しない 中古車選びのコツ

OMRON カーモニ 車両異常監視警報器 100R  3S7A-R100

OMRON カーモニ 車両異常監視警報器 100R 3S7A-R100

  • 出版社/メーカー: オムロン
  • メディア: ホーム&キッチン


選びに選んだ車は、想いも深くできる限りともに過ごし、生活のパートナーとして使用していきたいと願うでしょう。
ですが、残念ながら事故や犯罪に巻き込まれてしまうこともあるかもしれません。
事故に関しては、もらい事故ではない限り一瞬の自分の過信や不注意によるものであることが多く、ですから、反省すべき後悔すべきは自己の行いとなります。

カー・セキュリティー完全マニュアル (’05) (危機管理シリーズ)
しかし、一番悔やまれるのはそうではなく犯罪など他人の行いによって愛車が傷つけられたときではないでしょうか。
鍵をつけたままや、扉を開け放した状態で放置したのであればやはり自己の責任でしょうが、普段と変わらず鍵をかけて駐車場に置いておいたときなどは自身の運の悪さと諦めるしかないのかもしれません。
でも、諦める前に、というよりもそのような犯罪に巻き込まれる前に自身でできる防犯対策をしてみるべきではないでしょうか。
こちらでご紹介したものはほんの一例ですし、防犯対策も常に新しいものが出ています。
そのようなものに日頃から敏感になって、情報収集することをお勧めします。

すべての人を疑う生活などはしたくないものですが、ここは昔のような玄関に鍵をかけずに出かけられるような時代ではないものだと諦めて防犯対策を怠らず進めていくしかないのです。
いつか、また昔のように鍵をせずとも大丈夫な時代がきっと来ることを信じてみようではありませんか。
信じる心はいつか犯罪のない時代を実現させることができるかもしれませんし、そういった対策こそが犯罪の抑制になることでしょう。

ピボット(PIVOT) セキュリティオートタイマー SAT

ピボット(PIVOT) セキュリティオートタイマー SAT

  • 出版社/メーカー: ピボット(PIVOT)
  • メディア: スポーツ用品




 
posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 05:29 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外の防犯事情(イタリア)

  Powered by JANet
momobgyoko.JPG

海外の防犯事情(イタリア)
見落とさないで!大損しない 中古車選びのコツ

fiat_500.jpg


前回まではカナダの車に対する防犯事情や、防犯対策をご紹介してきましたが、今回はイタリアの車に対する防犯事情や、防犯対策をご紹介していきましょう。
一般的に銃を持たない日本とは違ってイタリアは銃社会でもあり、車の強盗などは車を失うだけではなく一歩間違えば命を失うことにもなりかねません。
しかも、イタリアのナポリでは車の強盗は年中頻繁に起こっているため、犯罪に巻き込まれる確率も非常に高いと言われています。
運転中であっても油断はできません。
突然道路に出てきて銃を突きつけられ、車を停止するように言われ、車から引きずりおろされるというかなり荒い犯行が多いのです。
犯人の気分によっては、実際拳銃で撃たれることもあります。
軽い怪我で済めば良いのですが、後遺症が残り最悪の場合は命を失うという事態にもなってしまいます。
ですから、拳銃を突きつけられるような事態に遭った時は無駄な抵抗はせずにおとなしく、すみやかに車を渡すに限るでしょう。
このような事件がイタリアのナポリでは頻繁に起こっているわけですから、新車や高級車に乗る場合はそれなりの覚悟も必要と言われています。
また、イタリアでは車両保険もよほど高額にしておかないと適応されないということで車は不必要には運転しないほうが良いのかもしれません。

ご紹介したように、国によっては車の防犯対策をしていても意味がないということもあるのです。
日本もここまでの治安にならないことを祈るばかりです。

posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 12:44 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外の防犯事情(3)


バイクブーンの高価バイク買取! 
momobgyoko.JPG

海外の防犯事情(3)
見落とさないで!大損しない中古車選びのコツ

arufa-d.jpg今回も引き続きまして、カナダの車に対する防犯対策をご紹介していきます。
カナダに行く際はもちろんのこと、日本でも参考になる対策がほとんどですからぜひこの機会にカナダの防犯対策を覚えてみてはいかがでしょうか。

・カナダの車強盗犯は短時間で、簡単に盗みやすい車を好んで狙うと言われています。
ですから、新しい車ではないから大丈夫というわけでもありませんし、高級車ではないから狙われないというわけでもありません。
盗まれやすい車は、防犯対策をしていないものが多く、防犯対策をしている車と比べますとかなり高い確率で犯罪にあっているということです。
つまり、防犯システムがなされているかどうかで犯罪に合う確率が変わってくるのです。
日本と同様にカナダでも、防犯システムをしている車は保険料を優遇されるということですから導入することをお勧めします。
また、防犯システムは1種類よりも2種類、2種類よりも3種類というようにより多くを設置したほうが安全性は高いと言われていますのでご自身に合ったものをいくつか組み合わせるとよいでしょう。
キジマ:KIJIMA サイクルアラーム 盗難防止 リモコン付 12V車用 汎用

キジマ:KIJIMA サイクルアラーム 盗難防止 リモコン付 12V車用 汎用

  • 出版社/メーカー: キジマ:KIJIMA
  • メディア: その他


警報器を設置しますと、犯人はもちろんのこと周囲の人々にも危険を知らせることができますし、ステッカーやカメラなどは外から見ても防犯対策がとられているとわかりやすいですので盗まれにくいと言われています。
また、タイヤやハンドルロックなどの装置は頑丈なものが多くカギがなければ取り外すことは不可能と言われていますので車自体を盗まれることを防ぐことができるでしょう。



posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 21:36 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外の防犯事情(2)


自動車保険料をもっと安く!BIGLOBE厳選の保険会社一括見積もりでチェック!
momobgyoko.JPG

海外の防犯事情(2)
見落とさないで!大損しない中古車選びのコツ

inpressa.jpg


前回に引き続きカナダの車に対する防犯についてのご紹介です。
今回は、カナダでの車の防犯対策をご紹介していきます。
国は違うものの対策は日本でも当てはまることですから、ぜひ参考になさってください。

・車を離れる際は必ず鍵を外しましょう。
スペアーキーを車の中や、車の下に隠している人も多いそうです。
鍵の置きっぱなしは自身の不注意に他なりません。
うっかりということもあるかもしれませんが、大切な車を守るためですから鍵の扱いには十分注意が必要です。

・車の中には出来るだけものを置かないようにしましょう。
シーツやタオルがあれば、その下に何かあるようにも感じさせます。
貴重品や現金も車は金庫にはならないので、必ず持ち歩くようにしてください。

・車は人通りの多いところや明るいところ、店舗の出入り口など盗まれにくそうな所に駐車しましょう。
住宅街であっても裏手のほうや道沿い、地下駐車場、明るさが確保されていないような場所は大変危険度が高いので避けてください。

・行楽地やショッピングセンターでよくみられる光景として、買ったものをトランクに置いておく行為です。
確かにまだ買い物を続けるのであれば、邪魔になりますし置き場所として車の中が最適と思われるかもしれませんがこれは大変危険です。
トランクなどに入れた場合は意外と簡単に開けられてしまいますし、それが地下駐車場である場合は盗まれる危険度はかなり高いのです。
荷物はなるべく小さいものから買う、店舗のロッカーを使う、お店に取り置きしておいてもらうなど扱いに注意してください。

関連リンク≫世界最高SUV。ランクルに乗ろう


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 15:07 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛車の防犯対策グッズ「ハンドルロック」「タイヤロック」


自動車保険料をもっと安く!BIGLOBE厳選の保険会社一括見積もりでチェック!
momobgyoko.JPG

愛車の防犯対策グッズ
「ハンドルロック」「タイヤロック」
見落とさないで!大損しない中古車選びのコツ
frieed.jpg

今回も比較的求めやすい価格の防犯対策グッズを中心にご紹介していきましょう。
私自身も、愛車には防犯対策をほどこしています。
今のところ被害にあったこともその形跡もなく、防犯対策をしている意味が分からなくなる時もありますが、防犯対策をしているのだという安心感はあります。
手間もお金もかかりますが、安心感を手に入れることができるならばそれほど高い買い物でもないとは思いませんか?
「WORCHタイヤロック」

・WORCHタイヤロックは、面倒な調整の必要がない車両盗難防止装置で、視覚的な効果も抜群です。
タイヤロックは車自体が固定されますのでハンドルロックをするタイプのものよりは効果があると言われています。
愛車のタイヤを固定することによって車両盗難の阻止を期待できるでしょう。
女性にも簡単に取り付けることができます。

「取付簡単小型ハンドル固定アラーム」

車のハンドルにクリップのようにはさむだけで取り付けられるこの防犯グッズ。従来品のように「防犯しています」と見せかけているような大がかりなタイプではなくむしろ可愛いぐらいの小型器ですが、防犯機能は強力。まず軽い振動で警告音、さらに強い振動・連続振動を感知すると電車が通るガード下ほどの大音量100dBが30秒間鳴り響きます。
振動させずに忍び込んでもこの防犯器をハンドルから外すと固定感知スイッチが反応して、やはりアラームが鳴り響くから安心。アラームを解除出来るのは4桁の暗証番号を設定した本人だけ。運転中の収納に場所を取っていた従来品と違い、ドアポケットに入れておけて邪魔になりません。
装置は直接ハンドルにつけるものですから、視覚的効果もありますので車両盗難予防を果たせるのではないでしょうか。






posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 11:54 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛車の防犯対策グッズ(4)

車の防犯
愛車の防犯対策グッズ(4)
見落とさないで!大損しない 中古車選びのコツ

odese.jpg


今回も引き続き、愛車の防犯対策グッズを紹介しましょう。
多少の出費はありますが、安全を手に入れるためですからぜひ導入することをお勧めします。
比較的お求めやすいものを中心にご紹介していきます。

ステッカー 防犯装置 AST-S02

「粘着式防犯ステッカー装備」
・縦70mm、横90mmの大きさの防犯ステッカーです。
蓄光素材で太陽光や蛍光灯の光などを吸収して暗闇で発光します。
持続時間は従来の蓄光素材の10倍とも言われており、防犯効果も抜群です。
車だけではなくご自宅の壁や窓にも張り付けることができます。

DXアンテナ デルカテック 防犯ステッカー B-7


「防犯ステッカー・カメラ・ビッグサイズ」
・縦90mm、横220mmの大きさの日本製ステッカーです。
この商品は防犯カメラと同程度の視覚的効果を期待することができます。
このステッカーに合わせて、実際に防犯カメラを取り付ければさらに防犯効果が高まるでしょう。
こちらのステッカーもご自宅用として使用も可能です。

「3ヶ国語対応セキュリティーステッカー」
・英語、中国語、韓国語の3ヶ国語で警告を表示しておりますので、外国人に対する警告には効果的です。
英語も(WARNING!)と簡単な単語ですから日本人の泥棒にも効果があります。
夜でも目立つように蓄光タイプになっております。
お得な3枚セットを購入すれば、愛車用、自宅用、予備として使えますのでおすすめです。

ステッカーは比較的安く手に入りますし、気軽に防犯対策をできるものとしてお勧めです。
視覚的な警告にもなりますので泥棒も警戒するでしょう。


ELPA(エルパ) 防犯ステッカー 防犯カメラ大 AST-S05

ELPA(エルパ) 防犯ステッカー 防犯カメラ大 AST-S05

  • 出版社/メーカー: ELPA(エルパ)
  • メディア: その他




注目:→人気の中古車サイトランキングNEW
posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 06:20 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛車の防犯対策グッズ(2)

愛車の防犯対策グッズ(2)
見落とさないで!大損しない中古車選びのコツ

rebasi.JPG


前回に引き続きまして、愛車の防犯対策グッズをご紹介していきましょう。
こちらでご紹介する商品はほんの一部ですが、おすすめ商品ですので防犯対策グッズをお求めの際にはぜひ参考になさってみてください。

「守護神SS〜200」
・この商品は保険が付いており、購入日から1年以内であれば最高10万円が保障されます。
衝撃があったときその大きさによって2段階の警告をしてくれる機能が付いており、日本語、英語、電子サイレンの3つから選ぶことができます。
センサーは衝撃センサーと電圧センサーの2つが付いております。

「アラームロックCS〜01」
・この商品は手を出しやすい比較的リーズナブルな価格で、面倒な配線もいらないので初心者にも取り付けることが可能です。
取り外しも非常に簡単なので自宅に車が複数ある場合は用途によってすぐに付け替えることも可能でしょう。
ハンドルを固定して動かないようにする機能と、110dBの強力なサイレン音を鳴らす機能が付いております。

「ステアリングホイールロック4」
・ステアリングをロックするセキュリティで、折りたたむことができるので棒状タイプと比べますとコンパクトに収納できる商品です。
収納ケースもセットになっておりますから、外した後の置く場所にも困らないでしょう。
ハンドルロックタイプですから、オープンカーにもおすすめです。

こちらで紹介したおすすめ商品は2008年12月現在ネットオークションに出品されているものですから、商品名から検索してみるのもよいでしょう。
防犯対策グッズは高価なものが多いので、ネットなどを使って出来るだけお得に手に入れることをお勧めします。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 10:10 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛車の防犯対策【警報機・追跡装置】

愛車の防犯対策【警報機・追跡装置】

見落とさないで!大損しない中古車選びのコツ


koruto.jpg


車の防犯対策はさまざまありますが、今回はどのような防犯対策があるかを詳しくご紹介していきましょう。
大切な車を守るための防犯対策ですから、多少手間暇がかかっても車を失うことを考えればそれほど苦とも感じなくなるのではないでしょうか。
車の買い替えなど新車購入、中古車購入の際に検討することをお勧めします。

「警報器」
・これは、良い点と悪い点があります。
悪い点としては、このタイプのものはセンサーによって作動するのですが地震や強風などにも反応してしまうために、誤作動の場合は周囲の住宅や店舗に大変な迷惑がかかってしまうということです。
良い点としては、振動や衝撃、電流などの異常をセンサーが感知しますと、かなり大音量の警報やサイレンが鳴りますので、周囲の人々にすぐに異常を知らせることができることです。
自宅駐車場などご自身の近くに駐車している際はすぐに気づくことができるでしょう。
機能には、泥棒が警報器を壊してしまってもエンジンがスタートしないようになっておりますので盗難を防ぐことができます。
また、車だけでなく、高価なホイルやタイヤの窃盗に関しても、振動した時点で警報機は作動しますので守られるでしょう。

「追跡装置」
・この装置は、携帯電話などのGPSを使って愛車を探すものです。
防犯対策を万全にしていても車を盗まれることがあるかもしれません。
そんなときに効果を発揮します。
正確な車の位置はインターネットを使って探し当てることができますし、また、車に遠隔操作のできる機器を搭載しておきますと、エンジンを止めることも可能です。

次回も引き続き、愛車の防犯対策のご紹介をしていきましょう。

人気ブログランキングへ

posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 05:01 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車上荒らし(2)

中古車選びのコツ 車の防犯
車上荒らし(2)

norto.jpg



前回に引き続きまして車上荒らしのお話をしますので、その手口などを参考になさっていただき日々の防犯対策に役立てていただければ幸いです。

車上荒らしには2つのパターンがあると言われています。
あらかじめ特定の車だけ選んでするパターンと無作為にするパターンです。
あらかじめとは、その車に大量の貴金属類や多額の現金を積んでいると確信している場合のことです。
宝飾販売業者の車が狙われる確率としてはかなり高いと言われており、宝飾製造高の高い山梨県の車が被害に遭うケースが多いのです。
山梨県の車とは、山梨ナンバーの車でコストの問題から警備会社に頼むことがほとんどないために、こうした被害はあとを絶ちません。
1台あたり、5千万円から2億円分の宝飾品が積まれているということですから車上荒らしにとっては宝の車と言えるでしょう。
最近では、宝飾販売業者のほうも最新の情報技術を駆使した防犯システムを取り入れ始めているようで、その効果に期待が高まっています。

宝飾販売業者のように、宝飾品を積む機会は少ない私たちも、決して他人事ではありません。
車のドアさえ閉めておけば安全と思いこんでいる人も多いのですが、それだけでは安全ではないのです。
貴重品を運転席や助手席にのせ、トランクに金庫を保管しているような人もいますが、これはとても危険なことです。

貴重品は持って出ること、車のカギはしっかりかけること、そして少しくらいなら大丈夫という気の緩みを改善させること。
これらの基本的防犯ともいえる事柄をもう一度再認識しましょう。

人間関係でお悩みですか?それならここで解決できますよ!



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

楽天の愛車一括査定!

気になる愛車のお値段は?愛車の一括査定でもれなくポイントプレゼント!
posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 13:54 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車上荒らし

大損しない 中古車選びのコツ 車の防犯対策
車上荒らし

mazda_demio.jpg


今回は車上荒らしについてのお話です。
車上荒らしとは、車内に積んである荷物や貴金属などを盗んだり、荒らしたりすることです。
以前、車の盗難についてお話した際に狙われやすい時間帯をご紹介しましたので、そちらも合わせて参考になさってください。
車上荒らしの発生曜日としては、それほど目立った曜日はないものの、比較的被害が増えている曜日は火曜日と水曜日と言われています。

ですが、これは警察に届けのあったものの曜日ですから、未届けのものを合わせますとまた変わってくるかもしれません。
驚くことに、警察に被害届けを出す方と同様数、被害届を出さない方もいるということです。

手口としては、まずは車のドアのカギが開いているかどうかを確かめ、開いていればそのまま中に入って車内を物色します。
金目のものがあるかどうかトランクまでくまなく探します。
カギがかかっている場合は、窓の隙間から針金を入れてロックを外します。
荒い者は、窓ガラスを石やハンマーによって割ることもありますし、鍵の扱いに慣れているものはピッキングという手法で簡単に鍵を開けてしまいます。


このように、車上荒らし防犯対策をしっかりすれば防げるものです。
最近では、車が振動を受けた場合にアラーム音が大音量で響き渡るものも防犯グッズのひとつとして出ていますし、鍵をかけないということは自分意識によって見直すことができます。

次回も、引き続き車上荒らしのお話をしますので、情報のひとつとしてこの機会にその手口を覚えておいてはいかがでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

もしも定額給付金が100万円だったら・・・


posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 13:32 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危険な時間

見落とさないで!大損しない 中古車選びのコツ 車の防犯対策
危険な時間


purius_new.jpg


車の防犯対策をする上で、確認しておくべきことがあります。
それは、車が危険なことに遭いやすい時間帯や場所などです。
最も車の盗難が多い時間帯としては、深夜2時から明け方4時までの時間帯が最も危険であると言われています。
この時間帯はほとんどの人が眠っている時間帯ですから、目につきにくく昼間の盗難の実に10倍近くにもなります。
この時間が一番ピークと言われ、それを越えれば徐々に減っていきます。
比較的盗難率の低い時間帯としては、朝9時から夕方6時までと言われています。
この時間帯はほとんどの人々は家事に、仕事に、学校にとまだ動いている時間帯ですから、目につきやすくなるからです。
夕方6時を越えて夜11時位の時間帯はまた、盗難率は2倍と上がりますので注意が必要でしょう。
危険な場所としてはやはり暗がりが挙げられます。
自宅駐車場に停めている場合などは玄関付近などにセンサーライトをつけることが効果的でしょう。
みられない場所にあるか、犯行がやり易く、逃げやすい場所にあるかなどの犯行条件を少しでも整えさせないように防犯対策をすることが有効になります。
車のまわりに塀や囲いなどがありますとそれが、犯行しやすさにもつながりますので街頭などの設置により夜間の照度をある程度確保することも必要です。
地域によっては、夜間の見回りによって車だけではなく家や子供たちを守るためのパトロールなども行われていますので、そういった集団で犯罪から地域を守ることは一番有効な手段かもしれません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ランドクルーザー ランクル200の値引きランドクルーザー ランクル200系ランドクルーザー ランクル200レポートランドクルーザー ランクルの盗難ランドクルーザー ランクル タイヤホイールランドクルーザー ランクル タイヤの分類と特徴

posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 16:57 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の盗難保険【車両保険】

中古車選びのコツ 車の防犯対策
車の盗難保険【車両保険】

bmw.jpg


今回は車の盗難時に支払われる保険のお話をしていきましょう。
ここ数年、車両盗難件数が増える一方で検挙率は低下するばかりと言われております。
以前ご紹介したとおり、窃盗団はプロの集団となってきていますし、犯人を特定できないほど綿密な計画の上で行われているからです。
このような状況は、支払う保険会社にとって大きな負担となっています。
通常のケースであれば、車両保険金の支払額の平均は1台あたり、30万円以内と言われています。しかし、車両盗難となりますと保険金支払額は130万円以上にもなるのです。
高級車が狙われるケースが多いですから、支払額が高いのも当然のことでしょうが、これだけの違いがありますので、車両盗難の被害が増えますと支払う保険会社はどうにかしてその保険金を回収しなければなりません。
結果、車両保険を値上げせずにはいられない状況となります。
こうなりますと、車両盗難の被害に遭った方と同時に被害に遭っていないこちらのほうにも負担がかかってきてしまいます。
つまり、車両盗難の増加は私たちへ直接影響を与えているわけです。
こうなれば、しっかりと防犯して一台でも車を窃盗団から守るしかありません。
以前ご紹介したようなイモビライザー付きの車を購入し、純正のイモビライザーを購入するなどして車の防犯対策を万全にしましょう。
防犯対策に有効なイモビライザーが装備されていますと、車両保険を割引してくれる保険会社もありますので装備にお金が多少かかっても保険料でカバーされるでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

次回は、この割引のある保険会社をいくつかご紹介していきましょう。
中古車選びのコツ 販売店選び中古車選びのコツ 中古車の購入費用中古車選びのコツ 中古車の人気車種中古車選びのコツ 中古車選びのポイント中古車選びのコツ 買う前に試乗する中古車選びのコツ 輸入中古車選び

posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 15:11 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の盗難(5)

見落とさないで!!大損しない中古車選びのコツ
車の盗難(5)

インサイト.jpg


前回に引き続きまして、車の盗難についてのお話をしていきましょう。
車の盗難にあった場所として一番多いところの半数近くが屋外の契約駐車場と言われています。
次に屋内の契約駐車場で、他には自宅の屋外駐車場、自宅の屋内駐車場、路上やスーパーもしくはコンビニの駐車場などです。
契約駐車場や、自宅の駐車場は置いてある時間帯や曜日など比較的把握しやすいために盗まれる数も多くなっているのです。
同様に、民間のコインパーキングなどは停めた時間がわかりやすいと言われており、こちらも被害が多いです。
プロの窃盗団というものは、行き当たりばったりの仕事は決してしません。
あらかじめ綿密な調査をして狙いをつけてしています。
時に、オークションなどで出品された車の持ち主の住所を調べ上げてターゲットの車のある場所を突き止めるという行動もしているといいますから、十分に注意が必要です。
車両保険の支払件数から、被害の多い地域を調べてみますと大阪府が最も被害の多いワースト地域となっております。
他には、千葉県、愛知県、埼玉県、神奈川県などです。
被害が多いからと言って、引っ越すわけにもいかないでしょうから、ご自分の県が狙われやすい地域の場合はより一層の防犯対策をお勧めします。
日頃からすぐできる防犯対策としては、鍵をかけることです。
そんな簡単なことと思われるかもしれませんが、キーレス対応車が増えてから閉めたつもりで空いていたということも多くなっているそうですから、鍵を閉めたら音だけではなくきちんと目でも確認しましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

30万台以上の在庫から簡単検索 欲しいクルマがきっと見つかる


posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 16:12 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の盗難と保険

見落とさないで!!大損しない中古車選びのコツ
車の盗難(4)

ランクル2-200090217.jpg


前回に引き続き車の盗難のお話です。
どんなに車の防犯対策をしていても被害に遭ってしまうことがあるかもしれません。
さて、今回はそのような最悪な事態が起きた時にどう対処すれば良いかというお話をしていきましょう。
あなたは、いつものように出勤の準備をして車が温まってから駐車場に向かおうと、エンジンスターターをかけました。しかし、アンサーバックが返ってきません。
どうしたのだろうか?電池が弱くなっている為かと思いながら、仕方なくまだ寒いであろう車へと足早に向かいました。
すると、どうしたことでしょう。
車が、あなたの愛車がいつもの場所にありません。ここでパニックになってしまっては、なにもできなくなりますから、まずは警察に電話しましょう。
警察に届けることによって保険金が支払われることがあるからです。
保険会社は警察からの証明がないと手続きできませんので、まずは警察に被害届を出すことが先決です。
そのあとに、ご自身の加入している保険会社に連絡しましょう。
保険会社はあなたの車が盗難にあったかどうかの調査を行った上で、保険金を支払うかどうかを決めます。このとき必要になるものが、警察の盗難届受理番号です。
警察に届けていれば問題はありません。届け出をおろそかにすると、保険金は支払われませんので必ず届けましょう。
確定すれば、30日以内に保険金が支払われます。
発見される場合は一か月後くらいのケースが多いと言われていますが、保険金が支払われた後にみつかった場合は、その車は保険会社のものとなります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

30万台以上の在庫から簡単検索 欲しいクルマがきっと見つかる
posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 16:40 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の盗難イモビライザーキー

中古自動車 中古バイク 中古車選びのコツ
車の盗難イモビライザーキー



高性能カーセキュリティシステム
「ロックオン LS-77ST」

車の盗難は年々増加しており、それに伴い車業界でも防犯対策はますます力を入れていると言われています。
前回に引き続きまして、盗難についてのお話をしていきましょう。
盗難車は人気車種を中心に被害にあっております。
特に、BMWやベンツなどの高級車や四輪駆動車などが被害に合う確率が高くなってきており、これは日本だけではなく外国においても同様に言えることです。

日本と同じように、外国でも盗難防止対策が考えられているのですが、完全に防ぐ方法はまだ見つけられずにおります。
そんな中、注目されている国があります。
ヨーロッパです。
ヨーロッパは、イモビライザーキーの導入により各国から、盗難防止の効果に注目されております。
このイモビライザーキーとはイモビライザー(電子式移動ロック装置)という名前の装置で、カギの中に埋め込まれた電子チップと、車体の中に埋め込まれたIDコードが一致しないとエンジンがかからないというシステムです。
つまりカギがなければエンジンをかけることができないということで動かすことができません。
国によってはこの防犯対策の義務化も検討されているほど、その効果が期待されています。
日本でも、イモビライザーキーが導入されている車が増えつつあるとのことですが、普及としてはあまり広がっておりません。
今この情報を初めて知るという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
私自身もこの情報は最近知ったばかりです。
この有効な防犯対策が、すべての車に装着されるにはまだまだ時間がかかりそうです。


催涙スプレー&スタンガンならアキバガレージ本店へ!秋葉原ってこういうのもあるんですよ〜。
posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 12:06 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の盗難

中古自動車 中古バイク 中古車選びのコツ
車の盗難



YUPITERU カーセキュリティー「VE-S24R」

最近、自動車の盗難が年々増加傾向にあります。
特に高級車は狙われやすい傾向にあります。
不景気や不況が原因によって日本人が日本人の車を盗難し、外国人が日本にやってきて日本人の車を奪っていくケースまでさまざまです。
2000年以降から急増しており、それまでは年間3万件から4万件だったものが一気に5万件へと増えたのです。
車の盗難は検挙率も悪く、わずか20パーセントということでほとんどの車は戻ってこないのです。
犯人が捕まらずとも、せめて車だけは戻ってきてほしいと願っても、それさえも叶わないのです。
盗難件数は年々増え続けているのですが、それに対して検挙率は下がる一方とまで言われているほどです。
都道府県別でみてみますと、大阪が断然多く22パーセントで、物騒なイメージで見られています。
東京はわずか6パーセントということです。
では、なぜ大阪では一番盗難率が多いのでしょうか。
それは、大阪には盗難車を海外へ売りさばく闇のルートというものがひそかに存在していることが関係しております。
この闇ルートでは、高級車を中心に扱っているということですが、今のところそのルートがあるということだけで詳しくは分かっておらず、被害拡大に歯止めをかけることは出来ていない状態のままです。

このような組織的な犯罪の増加によって、いくら鍵をかけていても100パーセントの安全が得られないのが実状となっておりますが、こちらで紹介する方法を使って少しでも防犯手段を身につけてほしいと願います。



防犯カメラ&監視カメラのご相談とご用命は、当アキバガレージ本店まで
お気軽にご相談ください。秋葉原に詳しいスタッフが、懇切丁寧に
サポートいたしますよ。工事の見積もりもお受けしております。
≫明細はここ≪

posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 10:19 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の防犯と車

中古自動車 中古バイク 中古車選びのコツ 車の防犯
車の防犯と車


車上盗難警報装置

原油高や不況の世の中ですが、車は一家に一台当たり前にあるのではないでしょうか。
我が家にも数台ありまして、維持費が厳しいながらもその快適さを手放せずにいます。

さて、私の身の周りでは、残念ながらこの生活必需品にもなっている車に関する犯罪が多発しております。
私は幸運にもこの犯罪に巻き込まれたことはありません。
しかし、知人や友人はこの被害にあっております。
被害にあってから防犯対策をするようになり、話を聞いた私はそれに影響されて防犯対策をしました。

自宅アパートの駐車場に停めていた知人は、翌朝出勤時に車上荒らしに気づきました。
運転席のカギが壊されており、CDや、デッキ、衣類などが盗まれたようで、もちろんその犯人は捕まらず、気味が悪いからと車と住まいをかえました。
新しい車には警戒用ライトとサイレン装置がつけられ、防犯対策はしっかりしているようです。

飲み屋に行った際に、近くのパーキングに停めていた友人は、明け方車に戻って異変に気付きました。
こちらは、運転席の窓ガラスが壊されており、中に置いていた現金や、パソコン、デッキなどほとんどすべての機器が盗まれました。
その日に限って、金目の物を見えるところに置いてしまったと話していました。
車の鍵穴などは損傷がなかったために、窓ガラスを修理し警報機をつけまして、その後は被害にあっておりません。

被害にあってから、こうすればよかった、あのようにすればよかったと思うものです。
そうならないように事前の警戒と準備が必要ではないでしょうか。
次回から車の防犯についてお話していきましょう。


防犯カメラ&監視カメラのご相談とご用命は、当アキバガレージ本店まで
お気軽にご相談ください。秋葉原に詳しいスタッフが、懇切丁寧に
サポートいたしますよ。工事の見積もりもお受けしております。
→<
a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1CCSW9+AF41UA+EX8+HUKPU&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fwww.akiba-garage.com%2F3200.html" target="_blank">自動車用防犯グッズ
posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 09:44 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛車を守ろう 【車の防犯対策】

   JANet

愛車を守ろう 【車の防犯対策】
ランクル2-200090217.jpg

愛車を守ろう 【車の防犯対策】
 │
 ├ 車の防犯対策 車
 ├ 車の盗難
     ├ 車の盗難(イモビライザー)
     ├ 車の盗難(ランドクルーザー等))
     ├ 車の盗難(届出)
     └ 車の盗難(駐車場)
 ├ 車の盗難保険(車両保険)
     └ 車の盗難保険(イモビライザー割引)
 ├ 防犯対策
 ├ 危険な時間
 ├ 防犯の心得
     └ 防犯の心得(2)
 ├ 車上荒らし
     └ 車上荒らし(2)
 ├ 愛車の防犯対策(警報機・追跡装置)
     └ 愛車の防犯対策(車両固定・異常通報装置)
 ├ 愛車の防犯対策グッズ
     ├ 愛車の防犯対策グッズ(2)
     ├ 愛車の防犯対策グッズ(3)
     ├ 愛車の防犯対策グッズ(4)
     └ 愛車の防犯対策グッズ(5)
 ├ 海外の防犯事情
     ├ 海外の防犯事情(2)
     ├ 海外の防犯事情(3)
     ├ 海外の防犯事情(4)
     ├ 海外の防犯事情(5)
     └ 海外の防犯事情(6)
 ├ 犯人の盗み方
 ├ 人の心
 └ 防犯意識

posted by 中古車選びのコツ 車の防犯 記録の細道 at 12:13 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。